Home > 参加者の声

参加者の声

問題のイメージを変えて、
人間関係をスムーズに。

私自身の抱えている問題…、職場内、家庭内、親子やそれ以外の人間関係…。それぞれは1対1の独立した問題だと思っていました。ソーシャルパノラマのワークに参加した際、一枚の紙に、自身を中心としてその問題を書き表すよう言われました。そんな事ができるのだろうか?

自分のまわりにそれらの人間、集団を置きます。さらには、実際にはありませんが、自分には見える「壁」も書き入れました。

なるほど、このマップを俯瞰すると、私の抱えている問題は個々独立しているのではなく、何らかのつながりがあるのだと感じました。実際に見えるものとは違う、自身の脳の中のもの。私はこれまで、脳の中にあるものが真実であり、決して変えられないと思っていました。

しかし、ワークのなかで、マップに書き入れられている一つひとつの大きさや形、色、材質を変えていくなかで、相手との間にあった壁が小さくなり、相手から受ける印象が変わりました。まさか、そんな事ができるなんて思わなかった、と言うのが印象です。

NLPについての言語も用いられますが、その都度解説があるので、私のような初心者でも安心して参加することができました。このスキルを身に付ければ、今ある人間関係がよりスムーズに心地よいものになり、さらにはもっと多くの人と出会いたいと積極的になれます!

神戸で開催された、畑中講師のソーシャルパノラマセミナーを受けた感想です。

12月に日本初来日されるオランダのルーカス・ダークス博士のソーシャルパノラマを初体験してきました。感想をひと言でお伝えしますと、自分がめっちゃポジティブ人間なんだとわかりました。このことが解ったことって、すっごくうれしかったんです!ソーシャルパノラマセミナーで解るまでは、逆だと思っていたので。

ペアワークで、ご一緒させていただいた女性から言われたのですが、その方からのメッセージを聞いて、セミナーが終了して、受講者さんたちとシェアをし合っているときに、自分の中の本来持っている輝きが、さらに、眩しくピカピカに光り、輝きを増しているなぁと気づくことができました。

これって、とても大きな発見だったんです。それ以降は、落ち込んだりしたときも切り返しが自分の中で早くなった効果を感じています。

今までなら、どこかで自分をネガティブ派なのかなと思っていたので、自分を責めていた部分もあったと思います。でも、それは私の頭の中のソーシャルパノラマだったんだと、ペアワークでわかったように思います。

セミナーで時間がたてば、たつほど、畑中講師や、セミナーにご参加されていた関係者の方々、受講者さんたちの一体感を感じることができました。会場全体の雰囲気が、ぱあっと明るくなって、ライトの色目が変わった?と思ったほどでした。その後、気がついたのですが、自分の頭の中のソーシャルパノラマがワークを受けて変化したことで、目の前の視界の色さえ変化したんだなって。

ソーシャルパノラマを受けたことで、自分の目の前の現実(世界)が、「こんなに明るく変わるなんて、すごいなぁ!そして、めっちゃ、楽しいなぁ!」と思いました。今回、神戸でのソーシャルパノラマセミナーを受けさせていただいて、ルーカス・ダークス博士のセミナーに、ますます興味が沸いています。ソーシャルパノラマセミナーに参加させていただきまして、ありがとうございました。

photo

top